FC2ブログ
★消費者金融クレジットカードの借金で悩んでいませんか? ★借金の事で、誰にも相談できずに悩んでいませんか? あなたの借金、お金の悩みを自己破産、 債務整理等をせずに解決できる方法があるんです!!
不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産に投資することです。
具体的には、アパートやマンションなどを購入して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で利益(売却益)を得ることを言います。地方よりも将来性のある東京に資金が集中する傾向があります。
また、売却益よりも家賃収入(運用利益)を期待して投資する不動産投資が主流となっています。株式やFXなどの金融商品と異なり、比較的低リスクで長期的に安定した収入を得られ、節税効果も期待できるため、近年はサラリーマンや公務員として働きながら不動産投資を始める方も増えています。

不動産投資と一言で言っても、マンションの一室に投資するものから、戸建てやアパート一棟、そしてマンション一棟への投資まで様々な種類があります。また、新築か中古かによってもリスクや収益の上げ方が異なります。
あなたの自己資金の多寡や投資の目的、投資経験に応じて、ふさわしい投資スタイルを選びましょう。不動産投資はローリスク・ロングリターンではありますが、投資なのでリスクがゼロではありません。
ただし、不動産投資のリスクはコントロールしやすいものも多いので、一つひとつのリスクに対して事前に対策を練っておけば安心です。
また、不動産投資をして不動産業者にお世話になった場合の謝礼金ですが、交際費のうちに入りますので、やたらに高額で、裏取引(ペイバック)があったのではないかと疑いを持たれるようなことが無ければ一切問題無いようです。


他にも、おまとめローンを考慮されている方もいることでしょう。

「おまとめローン」とは、複数の業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。銀行や銀行系の消費者金融に、このような商品がたくさんあります。多重債務に苦しむ方には、魅力的に感じられるようです。
おまとめローンのメリットは、借り入れ先がひとつにまとまることで毎月の返済の管理が楽になるということと、現状よりも金利が安くなる場合が多いということです。
デメリットの一つ目は、それほど金利が安くならないことが多いという点が挙げられます。確かに、消費者金融などから借り入れをしている場合に銀行のおまとめローンで借り換えができれば、金利は下がると思います。しかし、実はあまり安くないということが結構あります。消費者金融等と比較すると安くみえるため、安いと勘違いしてしまうことが多いのです。
さらに、おまとめローンをすると、融資金で消費者金融等の現在の借金を返済します。その際、通常利息制限法による引き直し計算はされません。これもデメリットのひとつです。
長期間、いわゆるグレーゾーン金利で取引を継続していた場合、利息制限法による引き直し計算によって借金を減らしたり、逆に過払い金を取り戻したりすることが出来る場合があるにもかかわらず、おまとめをする際には、引き直しをせずにグレーゾーン金利に基づいた計算での残額を全額支払ってしまうため、減額や過払い金返還の機会を失ってしまうことになります。完済後に過払い金返還請求をすることはできるのですが、手続きを司法書士や弁護士に依頼すれば、費用がかかります。完済前には発生しなかった「成功報酬」というものも発生することになります。
おまとめローンの最大のデメリットは、保証人を要求されて他人をまきこんでしまったり、公正証書を作成させられたり、所有不動産を担保に入れられてしまったりなど、状況の悪化を伴うことが多いということです。
よく考えて、おまとめローンなども利用するようにしましょう。


動産購入のキャッシュバックで借金返済ができるプログラム!?
今すぐ確認するにはこちら
スポンサーサイト




【2014/11/25 12:21】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック