FC2ブログ
★消費者金融クレジットカードの借金で悩んでいませんか? ★借金の事で、誰にも相談できずに悩んでいませんか? あなたの借金、お金の悩みを自己破産、 債務整理等をせずに解決できる方法があるんです!!
不動産コンサルタントFP事務所バナー(MSS用)



「迷惑行為とはどういうことか?国土交通省。」

最近、投資型マンション経営などの不動産取引に関して、宅地建物取引業者から電話勧誘を受けたなどの苦情・相談が増えているようです。それらに対し、

宅地建物取引業法では、宅地建物取引業者に対し、契約の勧誘をするに際して、

①不確実な将来利益の断定的判断を提供する行為
②威迫する行為
③私生活又は業務の平穏を害するような方法によりその者を困惑させる行為
④勧誘に先立って宅地建物取引業者の商号又は名称、勧誘を行う者の氏名、勧誘をする目的である旨を告げずに、勧誘を行う行為
⑤相手方が契約を締結しない旨の意思(勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思を含
む。)を表示したにもかかわらず、勧誘を継続する行為
⑥迷惑を覚えさせるような時間の電話又は訪問する行為

などを禁止しています。

また迷惑を伴う勧誘を受けた場合、そのときの具体的な状況や様子(日時、勧誘してきた会社情報(正確な会社名(例えば(株)○○○不動産、○○○販売(株)など)、会社所在地、免許証番号)、担当者名、具体的なやり取り等)を記録するなどして、免許行政庁までお知らせするのも良いでしょう。

「不動産会社の電話勧誘。」

電話勧誘はタチの悪いものが多いため、受ける側からしてみれば、時間の無駄にもなり、ストレスの原因や業務、勉学の邪魔にもなりうると言って良いでしょう。
その中でも投資型マンション経営などの不動産取引の電話勧誘は、会社名こそ伏せられているものの、迷惑電話番号のポータルサイトに口コミが載ってしまう程、酷いようです。
そこで、例えば、どのような苦情の内容が寄せられているのでしょうか。

例)電話勧誘を受けた方と営業マンとのやり取りの一部。
営「話聞くくらいよくないですか」
営「なんで電話切りたいんですか?」
営「いつだったらいいんですか?」
自(一生話を聞くつもりは無いと言ったら)
営「それってふざけてません?今から会いに行きますよ?いいんですね?」

営業マンはしつこいやり取りを数回繰り返した後、こちら側がきっぱりと断りを入れると、まるで脅しをかけるような言い回しをしていますね。
これらの電話勧誘に対応する際、個人でやり過ごせる人とそうでない人がいると思われますので、あまりにも電話勧誘が酷いようでしたら、免許行政庁や国民生活センターなどに問い合わせる事をお勧めします。


「迷惑、電話勧誘。株式会社明和住販。」

・会社名:株式会社明和住販
・略称、偽称:メイワ、メーワ、ジュウハン

迷惑な電話勧誘という内容の多い中、この様なコメントもありました。

「最近、ここの営業マンに会いましたよ。丁寧で熱心だったので、話を聞いた後出来る限りの情報を集めてこの会社と物件を調べたところ、ちゃんとした会社でした。どの営業会社も、強引な営業マンは居るようですが一概に悪徳とは言えないみたいですね。」

そして一方では、「明和住販は、業界最低の会社です。強引な商法で有名です。面談に持ち込まれると24時間交渉と称して契約を強要します。監禁罪で立件も可能です。今どき 驚くほど低俗な営業ですね。」とありました。

しかし、どちらかと言えば苦情の内容が多いのが目に付きます。やはり、株式会社明和住販は迷惑な電話勧誘をしているとみて良いのではないでしょうか。そして、内容に良く見られるのが、はっきり社名を名乗らずして話を進めようとするところでしょうか。それも、違法な電話勧誘のためでしょうか。しっかりした会社であるならば、営業方針や営業マンの教育をしっかりして欲しいものですね。

不動産コンサルタントFP事務所バナー(MSS用)
スポンサーサイト




【2015/02/12 18:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック