FC2ブログ
★消費者金融クレジットカードの借金で悩んでいませんか? ★借金の事で、誰にも相談できずに悩んでいませんか? あなたの借金、お金の悩みを自己破産、 債務整理等をせずに解決できる方法があるんです!!
借金について:
借金は、主に生活苦から借金をする方が多いのですが、中でもめだって多いのがギャンブル依存症による借金です。
パチンコ・スロットなどにはまってしまい軍資金が足りなくなり、消費者金融やキャッシングなどお金を借りまくり、またお金が無くなってくると借りるという繰り返しで借金が更にふくらみ、パチンコやスロットなどがやめられないでギャンブル依存症になり、さらにお金が足りなくなってくると、しまいにはヤミ金に手をだしてしまって借金地獄に陥って自分では返済をしたいが、またギャンブルにはまってしまうという悪循環の繰り返しです。毎月の給料で返済をしてもそれでも足りないぐらいになってしまい、その苦しさから逃れるために、他の金融から返済の為に借入返していくという繰り返しです。

借金取り立てについて:
キャッシングなどでお金を借り、返せなくなってしまうことは当然のことながら、自分の返済計画の甘かった点などを反省する必要があります。だからと言って債権者(貸し手)がどのような手口を使ってでも取り立てをしては良いというわけではありません。返済が遅れてしまい「会社に取り立ては来ないだろうか」「自宅に来て、家族に怖い思いをさせていないだろうか」「夜遅くに何度も電話がなるなど」と取り立てにおびえながらの生活では仕事にも集中できなくなり、精神的にもおかしくなることでしょう。

取り立て禁止行為について:
貸金業規制法21条で定められた「取り立て禁止は」2010年改正貸金業法により、強化されました。
貸金業者等(無登録業者も含む)および取り立ての委託を受けた者は債権取り立てに当たって人を威嚇したり、言動で相手をその他の人の私生活もしくは業務の平穏を害するような言動によりそのものを困惑させてはならない。
借金取り立てとはいえ、人を脅かしたり、生活や仕事に影響することはしてはいけない。

1、夜間に加えて日中の執拗な取り立て行為
2、貸付業者が、借り手等の自殺により保険金が支払われる保険契約を締結することを禁止
3、公正証書作成にかかる委任状の取得禁止、利息制限法の金利を超える貸し付けの契約について公正証書の作成の嘱託を禁止
4、連帯保証人の保護を徹底するため、連帯保証人に対して、催浩・検察の抗弁権がないことの説明の義務付け
5、貸付けにあたり、トータルの元利負担額などを説明した書面の事前交付を義務付ける。
 返せるのに「返さない」や何の生活の変化もせずに「返せない」は非常にいけないことですが、頑張ってもどうやっても「返せない」とは、違うのです。

不動産購入のキャッシュバックで借金返済ができるプログラム!?
今すぐ確認するにはこちら
スポンサーサイト




【2015/01/19 10:38】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック