FC2ブログ
★消費者金融クレジットカードの借金で悩んでいませんか? ★借金の事で、誰にも相談できずに悩んでいませんか? あなたの借金、お金の悩みを自己破産、 債務整理等をせずに解決できる方法があるんです!!
①住宅ローン金利

住宅ローンの金利から見た人気の銀行を挙げてみたいと思います。

今現在代表的なのは新生銀行です。変動金利のみならず固定金利でも「実質総合コスト」が低く、1%を下回る水準が人気の理由だと考えられます。
また、条件をクリアすれば変動金利などが0.15%優遇されるキャンペーンも実施されており、低い実質金利がさらに低くなるのでさらに魅力が増すと言えそうです。

住信SBIネット銀行の住宅ローンも人気です。最も金利が低いことが理由として挙げられます。借り入れ時の手数料が2.0%と、他の銀行の保証料とほぼ同じですが、それを差し引いても金利の低さは大きな魅力です。さらに通常0.3%ほどかかる8疾病保障が無料というのもポイントです。また「Mr.住宅ローン」という商品では、変動金利タイプの金利がさらに有利となっています。

メガバンクの一角をしめるりそな銀行の住宅ローン。最近は他のメガバンクの金利と比較すると積極的な金利を出しており、魅力が増しつつあると言えます。
加えて、他のメガバンクがあまり積極的ではないフラット35やフラット20も低金利で提供しているほか、借り換え目的の方には通常金利よりさらに低い金利の住宅ローンを用意しており注目を集めています。


②住宅ローン

住宅ローンとは、宅地の取得や住宅の新築・改築などの目的のために、土地と家屋を担保として銀行などから資金を借りるローンです。
平成19年3月末で公的住宅ローンの住宅金融公庫融資が廃止となり、以降「フラット35」も含め、民間住宅ローンを中心に住宅ローンを組むことが一般的になりました。
この流れを受けて、銀行など各金融機関も独自の住宅ローン商品の投入や期間限定のキャンペーンなど行なうようになり、以前のような横並びの傾向は大きく崩れてきました。
また、メガバンク(旧都市銀行)や信金中央金庫、JA(農業協同組合)が「フラット35」並みの低金利の固定金利型住宅ローンの取り扱いを行なったり、最長35年の固定金利型住宅ローンを扱うノンバンク系のローン会社が登場するなど、民間住宅ローンの種類自体も多様化が進んでいます。
さまざまな情報収集を行ない、自分にとって有利な住宅ローンをしっかり比較検討してから、住宅ローンの融資先を決定しましょう。

③金利

当然のことですが、ローンの返済は金利の変動に左右されます。
金利だけを見ると、民間の変動金利や2、3年固定タイプなど、1%台の金利を設定しているところもあります。
しかし今現在は金利は低いのですが、今後どのように推移するかは不透明のため、変動金利型や2、3年固定タイプには金利上昇のリスクがあるといえます。
一方固定金利の「フラット35」などは長期的な見通しが立てやすく、安定していますが、金利が高く設定されているため、金利がこのまま推移すれば、結果として返済額が高くなる可能性があります。
複数の住宅ローンを使わなければいけない場合、ひとまずは、利用可能な住宅ローンの金利をすべて確認して、長期固定金利と変動金利の「ミックス金利」の利用を検討してみることをお勧めします。


不動産購入のキャッシュバックで借金返済ができるプログラム!?
今すぐ確認するにはこちら
スポンサーサイト




【2015/01/13 10:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック