FC2ブログ
★消費者金融クレジットカードの借金で悩んでいませんか? ★借金の事で、誰にも相談できずに悩んでいませんか? あなたの借金、お金の悩みを自己破産、 債務整理等をせずに解決できる方法があるんです!!
自分の収入から貯蓄をして将来に備えたり、必要なものを購入しようと考えていても、結婚・出産・マイホーム・子どもの教育資金などは、これまでの貯蓄だけでは資金が不足する場合があります。そんな時に利用するのがローンです。
ローン商品の内容を理解し、キチンと返済計画を立てることが、ローン活用の第一歩です。


・使いみちが限定されたローン

住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、トラベルローンなど、目的に応じたローンがあります。これらのローンは、利用する際に、その都度、審査を受けて、「借入契約書」を取り交わす方式(証書貸付方式)になっています。


・使いみちが自由なローン

代表例は「カードローン」です。カードローンはあらかじめ決められた利用限度額(極度額)の範囲内なら、いつでも何回でも借入れることができる方式(極度貸付方式)で、使いみちも自由です。借りる場合には、キャッシュカードと同様に、ローンカードでATM・CDから引き出せます。
なお、初回返済時にカード発行手数料もあわせて引き落とされることもあります。詳しくはお取引き銀行にご確認ください。(便利なローンですが、ATM・CDから出てくるお金は、あくまでも借りたお金だということをお忘れなく。)


・返済方法の「元利均等方式」と「元金均等方式」

元利均等方式は元金部分と利息部分を併せて、毎回同じ金額を返済する方法のことです。元金均等方式とは元金部分を返済回数で均等に割った返済方法のことです。


・固定金利と変動金利

ローンの利息である金利には、固定金利、変動金利、変動金利(上限付き)などがあります。
変動金利の場合は、予期せぬ金利上昇により毎月の返済額が増える可能性があるため、利用する際には特に注意が必要です。


・ローンやクレジットを使い過ぎて困らないようにするためには、次の点に注意しましょう!

①ローンやクレジットは他人からの「借金」で、将来の収入から返済しなくてはならない、ということを認識する。
②いくら借りられるかではなく、いくらなら返せるかを考えて、あらかじめ自分自身の限度額を決める。
③何のために借りるのか、なぜ必要なのかを明確にしてから借りる。
④返済完了までの計画を立ててから利用する。
⑤借金返済のための新たな借り入れは絶対利用しない。
⑥必ず金利や契約内容を確認してから利用する。
⑦悪質な業者や商法に注意する。


ローンやクレジットの利用を申し込むと、銀行やクレジット会社などは、原則として申し込みがあったかたの信用状態を調査します。そのときに利用するのが個人信用情報機関です。
銀行やクレジット会社などは、個人信用情報機関の会員になることで、ローンやクレジットを利用している個人の信用情報を企業の枠をこえて得ることができ、返済能力を超えた多額の貸し出しを防ぐことができます。
また、消費者が借金地獄や家計の破綻などの不幸な事態に陥ることを未然に防止することにも役立っています。

個人信用情報機関には、
1.個人の属性情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号など)のほか、
2.取引内容(借入時期、金額、最終返済日、借入残高など)、
3.事故情報(返済や支払いの滞りなど)、などが登録されています。
登録された個人信用情報は、プライバシーに関する大切な情報なので、
1.登録・利用に関する本人の同意、
2.事故情報が登録された際の本人への通知、
3.本人への登録情報の開示、
4.誤った情報の訂正・取消、
5.利用目的以外の利用の制限、などの措置をとっています。


不動産購入のキャッシュバックで借金返済ができるプログラム!?
今すぐ確認するにはこちら
スポンサーサイト




【2015/01/09 15:13】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック