FC2ブログ
★消費者金融クレジットカードの借金で悩んでいませんか? ★借金の事で、誰にも相談できずに悩んでいませんか? あなたの借金、お金の悩みを自己破産、 債務整理等をせずに解決できる方法があるんです!!


家のローンは、金融機関によって商品の内容や金利が違います。最近では今後の金利上昇のリスクを避けるため、35年間全期間固定の商品を選ぶ人が増えています。しかし、家庭の家計事情は様々ですので、必ずしもそれがベストの選択とは限りません。ミックス返済といって、繰り上げ返済が可能な方、総支払利息を抑えたい人には有利な、全期間固定と変動、全期間固定と短期固定を組み合わせた返済方法などがあります。家計事情に合った最適な住宅ローンの組み方を住宅ローンアドバイザーやファイナンシャルプランナーといった専門家と相談するとよいでしょう。以下①金利②ミックス返済③繰り上げ返済、それぞれについてみていきます。

①金利
金利には、変動金利・固定選択型金利・超長期の固定金利、という3種類があります。変動金利とは年に2回見直しがありますが、5年間は返済額が一定になり、元金と利息の内訳で調節されます。また、5年後の見直しの際に金利がどれだけ上がっていても、前回の返済額の1.25倍以上は上がらないというメリットがあります。ただし、金利が上がり過ぎてしまうと未払いが発生するデメリットもあるので、要注意です。変動金利から固定選択型金利にはいつでも変更ができます。固定選択型金利とは、借入期間の内のある一定期間の金利を固定するものです。
選択した期間は、金利と返済額は一定になります。期間終了後はまた好きな金利を選択できます。超長期の固定金利とは、完済時までの金利と返済額が全期間一定のものになります。安心感がある代わりに、他の金利に比べ若干高く設定されます。

②ミックス返済
ミックス返済とは、金利を選択する際に、3種類の中から2つ以上を組み合わせることを言います。これは、リスクが分担でき、それぞれのメリットを生かせるので、ここ数年の主流になってきています。たとえば、変動金利と超長期の固定金利を組み合わせる方法があります。この場合のメリットは、変動金利で一番低い金利を選択し返済額を抑え、超長期の固定金利で全期間一定の安心感を得られます。また、変動金利の流動性の高い部分と、超長期固定の金利の高さというリスクを分けることができます。

③繰り上げ返済
繰り上げ返済とは、ある程度の資金がたまったら、まとめて返済し、元金を減らすことをいいます。残債の一部を返済することを一部繰り上げ返済、残債のすべてを返済してしまうことを一括繰り上げ返済といいます。一部繰り上げ返済には、毎月の返済金額は変わらずに、期間を短縮する「期間短縮型」と、期間はそのままで、毎月の返済金額を減らす「返済額軽減型」があります。総額を見ると「期間短縮型」の方が効果が大きいと言えます。また、返済開始から早い時期に行うほど、利息の軽減も大きくなります。

不動産購入のキャッシュバックで借金返済ができるプログラム!?
今すぐ確認するにはこちら
スポンサーサイト




【2015/01/05 15:01】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック