FC2ブログ
★消費者金融クレジットカードの借金で悩んでいませんか? ★借金の事で、誰にも相談できずに悩んでいませんか? あなたの借金、お金の悩みを自己破産、 債務整理等をせずに解決できる方法があるんです!!
おまとめローンをしたい、でも、審査に通るか不安...と思ってませんか?
せっかくのやる気がしぼんでしまう前に、
審査で重要視されるポイントを把握して、行動に移しましょう!

★多重申込み(短期間の内に多数の金融業者に申し込んでしまう事)
~個人信用情報を確認されるので、
短期間(1ヶ月で3件など)の間に申し込み履歴があると
お金に困っている要注意人物とされてしまい、
審査に通りにくくなってしまいます。
申込み履歴は消費者金融関係は1ヶ月、それ以外は6ヶ月の間残ってしまします。

★貸入件数 (お金を借りている件数です)
~貸入の総額よりも貸入れの件数の方が重要になってきます。

例えば、
総額は二人とも同じく150万円の、AさんとBさんがいるとします。
 
 Aさん..○社から50万円・△社から50万円・□社から50万円
     借りて、3社から借りていて総額150万円です。

 Bさん..○社から150万円借りています。
     1社から借りて総額は150万円です。


この二人を見て、金融業者さんがどう思うと思いますか?

Aさんの場合は、
限度額が低いから他社で借りまわっている...他の所でも信用されていないんだな。

Bさんの場合は、
限度額が高いようだ、この人は返済実績もあるようだし信用されているぞ。
(返済実績によって、貸入限度額は変わってきます)

~と、思われてしまいます。
あと金融業者さんには、他社の貸入件数許容ラインが決まってる場合もあり、
だいたい5件貸入件数がある受け入れてもらえないようです。
その事をふまえた上でも、貸入れ件数が少ない方が有利です。

★勤続年数
~もちろん長い方が良く、最低は3ヶ月から6ヶ月です。
勤続年数で審査に落ちる方もいるので、勤続年数が1年未満の方は
申し込みを堪えた方が良いでしょう。また、
勤続年数が1年から5年が、基準としては「普通」とされるようです。

★事故情報(交通事故は関係なく、金融事故の事です)
~3ヶ月以上返済が遅れてしまった人、不払い、法的処理が行われた人が
主な対象です。
この情報は、事故の状態が解消してから5~10年程保存され
その間のおまとめローンは難しいと思われます。
★時期
~なんと、審査に通りやすい時期、とゆうものがあり、
審査のポイントをバッチリ押さえて、さらに確実にしたい方は
「年度末」を、お勧めします。
(年度末は年間の売り上げ目標達成のため、金融業者さんも奮闘しています。)

不動産購入のキャッシュバックで借金返済ができるプログラム!?
今すぐ確認するにはこちら
スポンサーサイト




【2014/12/27 14:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック